自動車

自動車業界のサプライヤーの
パフォーマンス持続をサポート

レクトラの自動車業界に対する価値提案: パフォーマンスと収益性を最大化

自動車市場が発展する中、サプライヤーは利益を確保し競争力を維持するための新たな方法を模索しています。収益性の向上、高品質な生産を実現し、業界の要求に柔軟に対応するため、レクトラは自動車業界の主要なサプライヤーと緊密に連携して、自動車シートや内装の設計、そして自動車向けの皮革・ファブリック裁断のための業界に特化したソリューションを開発しました。

<ファブリック裁断>
コストを意識した設計による製品開発で、
レクトラが自動車のシートカバーや内装部品メーカーをサポート

自動車市場は競争が激化しており、自動車メーカーにとって収益を確保することが死活問題となっています。サプライヤーも競争力を保つためにはコスト削減が避けられません。デザイン・トゥ・コスト(コストを意識した設計)のアプローチを行うことで、競争力を保ちつつ収益を確保できる価格で見積依頼に対応することができます。レクトラのバーチャル設計・開発ソリューションを使用することで、多数の現物プロトタイプが不要になり、リードタイムの短縮やコスト削減が可能です。また、3D/2Dソリューションを活用することで、革新的かつコスト効果の高い製品を生み出すことができ、変化するトレンドに迅速に対応することができるようになります。

Vector自動裁断機の新型モデル、Vector iP6とVector iP9が登場しました。
これまでのVectorよりさらに歩留まりを向上させることができます。

たとえ小さな技術障害や人為的ミスであっても、それらを排除することは、時間と材料の節約に大きく寄与します。レクトラのリーン生産方式に対応したソリューションでファブリックの裁断プロセス全体を最適化することで、自動車業界のサプライヤーは、コスト、品質、納期を管理しやすくなります。また、裁断機に搭載されているエラー防止システムにより、コストがかかる再裁断や生産停止のリスクを防止します。

https://www.lectra.co.jp/sites/default/files/sections/videos/Video_VectorAutomotive_iP9%20-%20JA_1.mp4
https://www.lectra.co.jp/sites/default/files/sections/tab/videos/New%20Versalis%20%20-%20Automotive%20-%20Presentation_3_JA.mp4

<皮革裁断>
2019年、新型Versalisが登場しました。これまでよりもさらに皮革を節約し、生産効率をアップさせることができます。

新興国での高級車販売が加速し、自動車メーカーは内装に皮革の使用を増やすことに関心を持っているため、今後自動車向け皮革の需要が増加することが見込まれています。原材料である皮革のコストが上昇すると、材料利用効率の改善が必須です。自動車向け皮張り内装の生産プロセスを自動化することで、歩留まりの改善、生産フローの円滑化、品質の最適化が実現できます。

<エアバッグ裁断>
車の安全基準はますます厳しくなり、エアバッグの需要は高まっています。
レクトラは、袋織エアバッグ裁断機、平織エアバッグ裁断機の2タイプの裁断ソリューションで、エアバッグ生産をサポートします。

<袋織エアバッグ裁断>
レクトラの袋織エアバッグ裁断ソリューション FocusQuantum® OPW3K、OPW6K

レクトラのOPWレーザーエアバッグ裁断ソリューションを活用することで、どれほど生産性が向上するかご覧ください。

https://www.lectra.co.jp/sites/default/files/sections/videos/lectra-video-focusquantum-opw-3k-ja_1.mp4
https://www.lectra.co.jp/sites/default/files/sections/tab/videos/lectra-video-auto-focusquantum-ft3k-ft6k-ja.mp4

<平織エアバッグ裁断>
高品質な裁断で
これまで以上に厳しい
安全基準をクリア

ますます厳しくなる要件に対応し、妥協のないエアバッグを生産するには、完全な品質管理が必要です。
適切な生産前準備のソフトウェアと最新のレーザー裁断テクノロジーにより、最初から不良のないエアバッグの生産を行うことが可能になり、1バッグあたりのコスト削減を実現し、収益性と競争力を維持することができます。

<レポート>
自動車業界の
皮革裁断バリューチェーンのデジタル化

商品開発のコンセプト、設計から生産前準備、生産にいたる製造プロセス全体を効率化することは競争力を維持する上で欠かせません。そしてそれはエンドツーエンドなデジタル製造プロセスを構築する鍵となります。

ページのトップへ